騙されないカーコーティングの種類

カーコーティング

 

カーコーティングって色んな種類があるけど、結局はどれが良いの?

 

  • カーコーティングをしようか迷っている
  • 本当に効果があるのか
  • 価格や持続性はどうなのか

 

そんな疑問をもっている方に読んでもらいたい記事です。
色んな種類があるカーコーティングの特徴を紹介します。

 

 

油脂系コーティング

いわゆるカーワックスなどがこれにあたります。石油系の溶剤が混ざった蝋などの成分を施工することによって油の性質を使い、光沢や撥水性を生み出します。安価で購入でき、手軽に個人で施工できます。耐久性は1ヶ月ほどで、施工後は雨が降るたび成分が流されてしまうため、窓ガラスの油膜の原因にもなります。あと何度も塗り重ねていくとシミやムラになるため、一度ワックスを剥がしフラットな状態にする作業も必要になってくるので綺麗に保つには手間がかかります。

  • 安価
  • 施工が簡単
  • 耐久性は約1ヶ月
  • 塗りっぱなしはNG

 

樹脂系コーティング

ディーラーや専門店などのポリマーコーティングがこれにあたります。樹脂などで塗装面に硬い皮膜をつくりワックスを施工したときのような光沢や撥水性が得られ、虫の死骸や鳥のフンから塗装を保護します。ワックスよりは高価ですが耐久性は約3ヶ月ほどあり、定期的にメンテナンスを行うことで効果を持続させることができます。個人でも施工はできますが、綺麗に仕上げたいのであれば専門店に依頼した方が無難です。

  • 比較的安価
  • 個人でも施工は可能
  • 耐久性は約3ヶ月
  • メンテナンスにより効果を持続できる

 

ガラス系コーティング

ガラス繊維を含んだものをガラス系コーティングと言われ、ガラスコーティングとは違います。ワックスやポリマーよりも高価ですが、光沢やツヤ、保護能力の高さは期待でき、耐久性も高いものになっています。と言っても、当然メンテナンスは必要で定期的に行うことで、より効果を持続させることができます。

気を付けるべき点は、ポリマーに超微量のガラス繊維が含んだだけでも「ガラス系」と呼ばれるため、効果が期待できないような粗悪品も販売されているので、施工をする前には注意が必要です。しっかりと下調べをして購入するようにしましょう。

  • ワックス、ポリマーよりも高価
  • 自然な光沢やツヤを出せる
  • ガラス成分を含むので保護能力が高い
  • 個人でも施工は可能だが、より技術が必要
  • 下地処理が大事
  • 耐久性は約1年
  • メンテナンスにより効果を持続できる

 

ガラスコーティング

ガラス系とは違い、100%無機質のガラス成分で空気中の水分と化学反応させ保護膜を形成します。商品によっては硬度9Hといった硬さでコーティングをするため、傷や汚れなどから塗装面を保護します。また高級感のある深みや光沢を出します。個人での施工も可能ですが、下地処理などで結果が大きく左右されるため、施工費用は高いですがきちんとした設備が整った専門店に依頼した方が無難です。ですが、いくらガラスコーティングと言っても定期的なメンテナンスは必要不可欠です。

  • 手間が掛かるため施工費用は高め
  • 硬化するまでに時間が掛かる
  • 完全無機質なガラス成分の皮膜で塗装面を保護
  • 硬度9Hともなれば傷がつきにくい
  • 下地処理で効果が大きく左右される
  • 耐久性は約3年~5年
  • メンテナンスは必要

 

クォーツガラスコーティング

電子部品などにも採用されるほど、防汚、防錆に優れた威力を発揮する高品質なガラスコーティングです。親水性のためウォータースポットが付きにくく汚れにくいといった特徴があります。ツヤ感などは若干劣りますが、紫外線や酸に強いため耐久性には優れています。ただ施工時間が1~2週間と、他のコーティングよりも長くなるので、その分施工費用も高いです。

  • 手間が掛かるため施工費用は高め
  • 施工時間も1~2週間と長い
  • 効果は業者の技術に委ねられる
  • 親水性のため、ウォータースポットが付きにくく汚れが流れ落ちる
  • 親水性といっても少量の雨では効果を発揮できない場合もある
  • 濃色系にオススメ
  • 紫外線や酸に強い
  • 耐久性は経年劣化は起こらないとされている
  • 傷はつくのでメンテナンスは必要

 

防ぐことができないもの

コーティングはあくまで塗装面を紫外線や汚れから保護するためのもので、防ぐことができないものもあります。

  • 雨染み
  • 虫の死骸
  • 鳥のフン
  • ざらつき
  • 深い傷

 

雨染みの原因

雨水が蒸発する際、雨水に含まれた酸やゴミがボディに焼き付くことでできます。これを防ぐためには雨が降ったら早めの洗車か、雨水をそっと拭き取るだけでも効果があります。

 

虫の死骸、鳥のフン

虫の死骸や鳥のフンには、酸やアルカリ、タンパク質成分が含まれます。これをそのまま放置しておくと塗装面にダメージが入りシミなどの原因になります。見つけた場合はすぐに洗い流しましょう。

 

ざらつきの原因

鉄粉や花粉などがボディに付着した場合にざらつきの原因となります。中でも鉄粉が多く酸化して錆の原因にもなるので、錆る前に小まめな洗車を心掛けたいです。鉄粉除去剤や、ねんどなどで鉄粉を除去するとコーティングが落ちる場合があるので注意したいです

 

深い傷

硬度によってはある程度の傷は防げますが、全ての傷を防ぎ切るということは不可能です。コーティングは塗装面を守るためのものなので、傷が被膜内で収まっているものであれば、磨いて再度被膜を施工すれば傷を消すことは可能です。コーティングを綺麗に保ちたいのであれば、被膜を整えるメンテナンスは必須となります。

 

まとめ

  • 撥水性のオススメ:ガラスコーティング
  • 親水性のオススメ:クォーツガラスコーティング

ツルツル、ピカピカな車は見ていて気持ちが良いものです。どのコーティングにもメリットやデメリットがあります。ただ、これだけは言えるのが「〇年保証」などといった謳い文句に騙されず、ちゃんとした技術をもった専門店での施工をオススメします。同じコーティングを施工したとしても、業者で仕上がりが全然変わってくるからです。

 

 

-

Copyright© ホンとこラボ , 2021 All Rights Reserved.